BizSleep PROJECTに
ついて

活動趣旨

『BizSleep PROJECT 』は、特に睡眠時間の確保が難しく、社会を牽引していく層でもあるビジネスパーソンの睡眠改善に主眼を置き、
彼らの1日において大きな割合を占める“仕事”に関する仕組みや体制からのアプローチが必要であると考えました。

そこで「働き方改革」の一環に「眠り方改革」を組み込み、企業や社会全体で睡眠改善に取り組む機運を高めることを目的とし、
この取り組みに賛同いただける企業と共に本プロジェクトを始動する運びとなりました。

本プロジェクトの取り組みを通して、ビジネスパーソンのプレゼンティーイズムの改善や労働生産性の向上、
ひいては企業の成長や社会経済にも貢献していきたいと考えております。

『BizSleep PROJECT』 コラボレーションパートナー(アルファベット順)

ロゴを選択すると、各企業サイトあるいは各企業が提供している睡眠改善プログラムのページに遷移します。

  • アドバンテッジ リスク マネジメント
  • ドコモ・ヘルスケア
  • iCARE
  • KDDI
  • NECソリューションイノベータ
  • ニューロスペース
  • 沖電気工業
  • フィリップス
  • ソフトバンク
  • Welby

主要5ヵ国の睡眠不足による
経済損失額

各国の平均的な
睡眠時間

『快眠ジャパン』お役立ち
コンテンツのご紹介

睡眠チェック!

睡眠チェック!

WHO(世界保健機関)が作成した、世界共通の不眠の判定法を使った睡眠チェック表です。
質問に答えて、あなたの睡眠の問題がどのようなタイプか、どのような対処をすればよいのかを見つける手がかりとしてお役立ていただけます。

「睡眠チェック!」はこちら

不眠対策〇×クイズ

不眠対策〇×クイズ

今日から簡単にはじめられる快眠のためのセルフケアを〇×クイズで楽しく学べます。

「不眠対策〇×クイズ」はこちら

アニメでわかる 不眠症ポイント解説

アニメでわかる 不眠症ポイント解説

不眠症治療のポイントをショートアニメでわかりやすく解説します。

「アニメでわかる 不眠症ポイント解説」はこちら

病医院検索

病医院検索

不眠についてご相談いただける病医院検索ナビゲーションです。

「病医院検索」はこちら

 
働くひとの眠り方改革 Biz Sleep PROJECT

人事・総務ご担当者向けサイト

働くひとの眠り方改革 Biz Sleep PROJECT

人事・総務ご担当者向けサイト

「働き方改革」成功の鍵は「眠り方改革」「働き方改革」成功の鍵は「眠り方改革」

NEWS2020/03/18
働くひとの眠り方改革『BizSleep PROJECT』のサイトを開設しました。

健康経営の一環として、「禁煙問題」や「メタボリックシンドローム」の対策に
取り組む企業が増えてきている一方、「睡眠」対策に取り組む企業は多くありません。

睡眠不足がもたらす経済的な損失は無視できない大きさとなっており、
働き方改革の推進には、パフォーマンス向上のための「睡眠」対策もセットで取り組むことが有効です。

働くひとの眠り方改革『BizSleep PROJECT』サイトでは、
人事・総務ご担当の皆さまに企業全体で睡眠改善に取り組むための情報やツール提供を行っています。
社内で使用したり共有しやすいよう、各コンテンツにダウンロードやシェア機能を付けていますので、ぜひご活用ください。

「睡眠負債」に対する企業の課題「睡眠負債」に対する企業の課題
「睡眠負債」に対する企業の課題
「睡眠負債」がもたらす仕事への悪影響とは?「睡眠負債」がもたらす仕事への悪影響とは?
「睡眠負債」がもたらす仕事への悪影響とは?
働くひとの眠り方改革~企業における従業員の睡眠対策の重要性~働くひとの眠り方改革~企業における従業員の睡眠対策の重要性~
働くひとの眠り方改革
~企業における従業員の睡眠対策の重要性~
「眠り方改革」の取り組み方1 パワーナップ制度を取り入れる「眠り方改革」の取り組み方1 パワーナップ制度を取り入れる
「眠り方改革」の取り組み方 1
パワーナップ制度を取り入れる
「眠り方改革」の取り組み方2 簡単『快眠ヨーガ』を実践する「眠り方改革」の取り組み方2 簡単『快眠ヨーガ』を実践する
「眠り方改革」の取り組み方 2
簡単『快眠ヨーガ』を実践する
「眠り方改革」の取り組み方3 社員に睡眠改善サポート情報を提供する「眠り方改革」の取り組み方3 社員に睡眠改善サポート情報を提供する
「眠り方改革」の取り組み方 3
社員に睡眠改善サポート情報を提供する
 
データで説得が成功の鍵!
「睡眠負債」に対する
企業の課題
データで説得が成功の鍵!「睡眠負債」に対する企業の課題
昨今、各社さまざまな睡眠対策の取り組みが行われているなか、企業上層部の一部は、寝ずに働くことを美徳とみなしたり、「寝る=休んでいる」という考え方を持っており、経営幹部や年配社員たちの理解を得ることに苦労するという声があります。

睡眠対策を導入する上でこのことは大きな障壁になっており、同じ「働き方改革」の中でも、“定時帰宅”や“有給・育休などの取得”と比べ、後回しにされてしまう傾向があるようです。

脳科学者の枝川 義邦 先生は、「経営層がトップダウンで改革することが重要で、睡眠不足が企業の損失につながっていることを示すデータをもとに社内で対話をすることが有効だ」と話しています。
データで説得が成功の鍵!「睡眠負債」に対する企業の課題
社内コミュニケーション用データ
ダウンロード

健康経営のメリットや、睡眠不足が企業の損失につながっていることを示すデータに関する資料をパワーポイントでダウンロードいただけます。
「眠り方改革」のための社内コミュニケーションに、ぜひお役立てください。

さぁ、はじめよう!健康経営
さぁ、はじめよう!健康経営
  • 健康経営ってなに?
  • 健康経営に取り組むことのメリット
  • 健康経営をはじめよう!
     
働くひとの眠り方改革
-労働生産性向上のために-
働くひとの眠り方改革 -労働生産性向上のために-
  • 睡眠不足による経済損失
  • 日本人と睡眠
  • 睡眠によるパフォーマンスへの影響
    など
 
睡眠不足が企業の損失につながる!「睡眠負債」がもたらす仕事への悪影響とは?

睡眠不足が企業の損失につながる!

「睡眠負債」がもたらす
仕事への悪影響
とは?

睡眠不足が健康や仕事に与える影響について、トピック6選を
ご紹介します。

睡眠不足が企業の損失につながる!「睡眠負債」がもたらす仕事への悪影響とは?

睡眠不足が健康や仕事に与える影響について、トピック6選を
ご紹介します。

睡眠不足が積み重なる
睡眠負債」とは?

「睡眠負債」とは、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身ともに悪影響を及ぼす恐れのある状態のことを指します。

睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」とは?

睡眠不足が積み重なった状態

気づかないくらいわずかな睡眠不足でも蓄積すると大きな影響にみまわれることにもつながる

健康な人でも睡眠負債はたまる

日常的な習慣になっている可能性もある

自覚がないことも特徴

睡眠障害とは異なり、眠れているという自覚とは裏腹

睡眠不足による経済損失額は
日本全体で年間約15兆円
のぼる

睡眠不足を原因とした日本での経済損失額は、全体で年間約15兆円にのぼることが分かりました。

主要5ヵ国の睡眠不足による経済損失額

主要5ヵ国の睡眠不足による経済損失額

注:RAND Europe analysis

出典: 「Why Sleep Matters: Quantifying the Economic Costs of Insufficient Sleep」/RAND CORPORATION

出勤しているけど生産性が
上がらないプレゼンティーイズム

プレゼンティーイズムとは、出勤していながらも、体調不良やメンタル面での不調などが原因で、従業員のパフォーマンスが低下している状態を指します。

出勤しているけど生産性が上がらないプレゼンティーイズム

日本企業のプレゼンティーイズム
原因ランキング

1肩や首のコリ

2睡眠不足

1人あたり年間約3.4万円
損失!?

引用; Nagata T et al., J Occup Environ Med (2018) 60:e273-e280

6時間睡眠で大丈夫?

6時間睡眠で大丈夫?

時間以内の睡眠2週間続ける
1〜2晩徹夜と同じくらい
作業効率ダウン!

引用; Van Dongen HP et al., SLEEP (2003) 26:117-126

OECD加盟国の中でも
日本は最も睡眠時間が少ない

OECD(経済協力開発機構)加盟国との睡眠時間を比較してみると、日本は7時間22分で、最も睡眠時間が少ないことが分かりました。

各国の平均的な睡眠時間

出典; OECD(経済協力開発機構)
2018年の国際比較調査(Gender Data Portal 2019)

眠気が襲ってきたときには
パワーナップを試してみる

まとまった睡眠時間が取れず、仕事中に眠気が襲ってきたときには「昼寝をすること」がベストという専門家の意見もあります。
20分程度の昼寝をとり入れることで脳がスッキリし、業務能率も上がります。

眠気が襲ってきたときにはパワーナップを試してみる

社員のパフォーマンスを向上
させる効果的なパワーナップの
導入方法はこちら

 

脳科学者 枝川 義邦 先生が語る!

働くひと眠り方改革

~企業における従業員の睡眠対策の重要性~

脳科学者 枝川 義邦 先生が語る!働くひとの眠り方改革~企業における従業員の睡眠対策の重要性~

「働くひとの眠り方改革」と題して、労働生産性と睡眠の関連性や、その重要性、および企業が取り組むべき従業員の睡眠対策について、脳科学者で早稲田大学教授の枝川 義邦 先生が語ります。

脳科学者 枝川 義邦 先生が語る!働くひとの眠り方改革~企業における従業員の睡眠対策の重要性~
ムービー再生時間:8分40秒
枝川 義邦 先生
早稲田大学リサーチイノベーションセンター 研究戦略部門教授(早稲田大学ビジネススクール兼担講師)
東京大学で薬学の博士号を取得後、早稲田大学でMBAを取得。科学と企業経営の双方にわたる領域を研究テーマにしている。
著書に「ぐっすり眠れる睡眠の本」枝川義邦 (監修)など。2017年度ユーキャン新語・流行語大賞を「睡眠負債」にて受賞。
 

「睡眠負債」を解消する!

「眠り方改革」
取り組み方

1. 脳がスッキリ!
パワーナップ制度を取り入れる

パワーナップとは、昼間の短時間仮眠、いわゆる「昼寝」のことです。
ここでは、パワーナップのメリットとコツをご紹介します。

脳がスッキリ!パワーナップ制度を取り入れる

パワーナップとは、昼間の短時間仮眠、要するに「昼寝」のことです。
ここでは、パワーナップのメリットとコツをご紹介します。

パワーナップのメリット

  • 疲れがスッキリとれる
  • 判断力・理解力・集中力が上がる
  • やる気がアップする
  • 自由な発想が生まれやすくなる
  • 作業効率が上がる
パワーナップのメリット

快適なパワーナップを
サポートするアイテム

快適なパワーナップをサポートするアイテム快適なパワーナップをサポートするアイテム

カフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶など)、昼寝枕、アイマスク、耳栓など

パワーナップのコツ

パワーナップの時間は、20分前後の短時間にとどめましょう。

パワーナップは「昼間の短時間」だからこそ、効果が期待できます。夜の睡眠に影響が出ないよう午後3時までに仮眠をとることが重要です。

仮眠前のコーヒーで目覚めすっきり

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は、飲んでから覚醒効果が現れるまで約20~30分かかります。つまり、眠る直前にコーヒーや紅茶、緑茶などを飲むと、仮眠から目覚めるタイミングでカフェインが働いてスッキリと目覚めることができます。

 
今日から実践!簡単「快眠ヨーガ」
2. 今日から実践!
簡単「快眠ヨーガ」
今日から実践!簡単「快眠ヨーガ」

現在の日本におけるヨーガは、統合医療の一部と位置付けられています。

実は、ヨーガは、近年、医療の世界で盛んに研究が行われていて、
不眠の改善やストレス解消など、さまざまな効果があると、大変注目されているのです。

ここでは、『快眠ヨーガ』の解説と不眠を改善するために効果的とされる4つのヨーガのポーズを紹介します。

今日から実践!簡単『快眠ヨーガ』(解説編)

監修:滋賀医科大学腫瘍センター 特任講師
   森田 幸代 先生
ムービー再生時間:4分52秒

ヨーガの起源や、統合医療からみる日本におけるヨーガの位置づけについて解説します。

今日から実践!簡単『快眠ヨーガ』(実践編)

監修:一般社団法人日本ヨーガ療法学会認定 ヨーガ療法士
   安田 博子 先生
監修:一般社団法人日本ヨーガ療法学会認定
   ヨーガ療法士 安田 博子 先生
ムービー再生時間:8分6秒

不眠を改善するために効果的とされる4つのヨーガのポーズを紹介します。

 
「実践編」は4つのポーズ別でもご覧いただけます。

「実践編」は4つのポーズ別でもご覧いただけます。

1.お腹に手をあてて行うリラックスのポーズ
ムービー再生時間:1分49秒
2.前後に手の平を押し合うポーズ
ムービー再生時間:3分7秒
3.両手を左右に引っ張りながら体を横に倒すポーズ
ムービー再生時間:3分11秒
4.身体をねじって押し合うポーズ
ムービー再生時間:3分38秒

ヨーガ療法を行う際には、次の点に注意してください。

  • 通院中の方や骨粗しょう症の方は、主治医に相談してから行ってください。
  • 体調や気分が優れないときは、無理に行わないでください。
  • 体調に異変を感じたり、気分が優れないと思ったら、すぐに中止してください。
  • 無理せずに自分のペースで行ってください。
  • ヨーガは医療の代替えにはならないため、疾患をお持ちの方は必要に応じて医療機関を受診してください。
 

3. みんなでグッスリ!

社員に睡眠改善サポート情報を提供する

社員の方々に毎日の睡眠と向き合っていただいたり、
社員各自の睡眠の問題がどのようなタイプか、どのような対処をすればよいのかを見つける手がかりとして
お役立ていただける情報サイトをご紹介します。ぜひ、社内報などにご活用ください。

不眠の悩みを解消し、日本の心地よい眠りを応援する情報サイト、『快眠ジャパン』では、
眠りのメカニズムや実態、不眠症の原因、治療、快眠のためのセルフケアなどについて
わかりやすくご紹介しています。

ぜひ、貴社の「眠り方改革」にお役立てください。

快眠ジャパンは、不眠を解消し、心地よい眠りを応援します快眠ジャパンは、不眠を解消し、心地よい眠りを応援します

このサイトをシェアする

https://www.bizsleep.jp/hr/index.xhtml
リンクをコピー

『BizSleep PROJECT』
コラボレーションパートナー(アルファベット順)

ロゴを選択すると、各企業サイトあるいは各企業が提供している睡眠改善プログラムのページに遷移します。

  • アドバンテッジ リスク マネジメント
  • ドコモ・ヘルスケア
  • iCARE
  • KDDI
  • NECソリューションイノベータ
  • ニューロスペース
  • 沖電気工業
  • フィリップス
  • ソフトバンク
  • Welby

働くひとの眠り方改革『BizSleep PROJECT』に賛同していただける企業様を募集しております。
ご興味をもっていただいた企業様には、内容をより詳しくご紹介させていただきますので、
以下までご連絡をお願いいたします。

BizSleep PROJECT事務局
(MSD株式会社内)